代表ブログ

目的は一緒でも仕組みの違いを理解できるか

この仕事をしていると様々な分野の方とお話をする機会があります。
大学の先生、分野のプロ、NPOや地域の代表さまざまです。

料理と一緒で始まりは人からと私は思っていて勝手に出来上がるものではありません。
人が様々な動きをするから環境が出来上がります。防災でも介護でも地域の組織でもそうです。

いろんな食材(課題)に対して、いくら良い器具や調味料やレシピ(ツールや手法)を外から取り寄せても、場所やスキル(人)がないと料理(課題解決)にはならない。せっかくなら全員で平均点以上のものを提供したいし堪能したいです。堺巨匠で言うなら星ひとつ半あればいい。残りのひとつ半はのびしろとしたほうが未来が面白いです。

他の分野の方とお話をしていて感じること。
言葉は違っても課題として共通部分が見えてくることがあります。
それは現代の多様性という部分から個人の主体性が先行してしまって交流する方法が多岐に渡ってしまったこと。

それが相まって土着型の人が土着風な人になっているということです。
みんながみんな地域を愛して地域を考えて動こうというわけではなく、個は全があるから個であることができて、全は個があるから全でいられるということが頭の片隅に少しでもあるかどうかが大切です。

野菜を提供するだけより、種とともに育成方法も同時に提供して、階段を少しずつ上るように一緒に実践する。自分たちで育て継続していけたら納得のいくものができる。人口が減っていようが増えようがなおさらです。

11人のサッカーと5人のフットサル。
点を入れるという目的は一緒。
仕組み(ルール)は似て非なるもの。
少数だからこそできることもあります。

人口が多い時代をサッカーとするなら
人口が減っている今はフットサル。
生産活動という目的は一緒。
だけど世の中の仕組みは明日からガラリと変えられません。

プレーヤーが減っているにもかかわらずピッチサイズは広がっている。
減っていることが悪いわけではないから仕組みをコツコツ進化させていけばいいわけです。
ポジションではなくスペースの視点です。

クライフのいたオランダ代表かマラドーナが率いるアルゼンチン代表か。
前者が今の時代に合っていると私は考えます。

この記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ、沖縄県糸満市在住、ファシリテーター。2013年より地域おこし協力隊として単身沖縄へ。糸満市内で地域コミュニティの再生や集落の自立的発展を目指し活動。2015年、沖縄、ふるさと百選(集落部門)受賞。2018年に北村ファシリテーション事務所を設立。「多様な人が集う場を対話のできる場に」をテーマに行政、コミュニティ組織(自治会/町内会/まちづくり協議会等)、NPO団体、市民団体、企業など社会課題の解決と新しい価値の創造に取り組む多様な主体のコンサルティング支援を行う。

スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
北村ファシリテーション事務所