代表ブログ

自分のことや大切な人のことを思うと政治って考えやすくなる

4月21日(日)に地元である桐生市長選挙・桐生市議会議員選挙の投開票が行われます。
選挙というとこういう声をよく聞きます。

  • 政治ってよくわからない。
  • 行ったところで何も変わらない
  • 公約をどこまで実現してくれるか信用できない
  • 仕事が忙しい
  • そもそも興味ない

桐生市のホームページにこう書いてあります。
「これからの県政・市政の方向を決める重要な選挙です。より良いまちづくりのため棄権しないで、必ず投票しましょう。」

こう書かれてもハテナしか浮かばない人もいると思います。思いつく理由は時期にならないと「選挙」とか「投票」という言葉が出ない世の中だからです。個人的には「投票しない人=棄権者」という書き方に違和感があります。

「選挙」って私たちの「困ったを解決に向けて動いてくれる代表者を決める」ということ。ということは声を出さないと気づいてくれる人もいないから改善を目指すことができません。

まずは候補者のマニフェストを読んでほしいです。

荒木恵司 氏
伏木康雄 氏

桐生市政の代表者を決める選挙だけど「二人とも知らない人」と思って続きを読むのをやめようとしている人はこの下を読んでほしいです。

自分の生活の一週間を思い返してみて、○○を変えてほしい(何とかしてほしい)思いと結びつくことが書いてある方に投票してみたらどうでしょうか。もし自分の生活でもピンと来なかったら身の回りの人の生活を考えてみたらどうでしょうか。

  • 仲の良い友人知人
  • 産まれたばかりの自分や親戚の子ども
  • 結婚したて、付き合いたてのパートナー
  • 親の今と未来

自分の生活でピンと来ていなくても回りの人の○○を助けてほしい(何とかしてほしい)思いと結びつくことを書いてある方に投票してみたらどうでしょうか。

投票に行かない人が多いとどう社会を作っていけばいいかの基準を設けることができません。政治に詳しくなくたっていいと思います。住む地域のことを考えられなくたっていい。だけど自分のことや大事な人のことを思うと政治って考えやすくなります。

告示も終わり、4月21日(日)に投開票が行われます。
投票時間は午前7時から午後7時まで(馬立集会所は午後6時まで)。
期日前投票もできます。投票券を捨てちゃった人、有権者であれば問題なく投票できますのでご安心を。

安心して困ったことを話せる桐生になってほしいので長々と書きました。
最後まで読んでくれてありがとう。

この記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ、沖縄県糸満市在住、ファシリテーター。2013年より地域おこし協力隊として単身沖縄へ。糸満市内で地域コミュニティの再生や集落の自立的発展を目指し活動。2015年、沖縄、ふるさと百選(集落部門)受賞。2018年に北村ファシリテーション事務所を設立。「多様な人が集う場を対話のできる場に」をテーマに行政、コミュニティ組織(自治会/町内会/まちづくり協議会等)、NPO団体、市民団体、企業など社会課題の解決と新しい価値の創造に取り組む多様な主体のコンサルティング支援を行う。

スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
北村ファシリテーション事務所