代表ブログ

地域にないものはない、だからあるものを見る

地域には当たり前のものやことが溢れています。
それらに注目することで日常的に気にかけるようになったり、きれいにしようという動きが出てきたり、周囲にも気を配る変化が生まれてきます。

例えば地域を調べて大切にしたい資源があったら、それをみんなで守っていこうという動きが生まれます。
そしてその資源を未来につなげていくために、地域で維持していこうという行動につながります。

当たり前にあるものに気づくことによって、今まで気づきもしなかった身の回りにあるものやことが新たに注目されることになります。
その活動が地域に浸透すると、地域の方の目にも触れやすくなり、人が集まり、よりこの場所を守っていこうと気持ちが芽生え、その知恵をみんなで出しあえるようになります。

この喜びの共有が持続可能な活動になっていくと私は考えます。

この記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ、沖縄県糸満市在住、ファシリテーター。2013年より地域おこし協力隊として単身沖縄へ。糸満市内で地域コミュニティの再生や集落の自立的発展を目指し活動。2015年、沖縄、ふるさと百選(集落部門)受賞。2018年に北村ファシリテーション事務所を設立。「多様な人が集う場を対話のできる場に」をテーマに行政、コミュニティ組織(自治会/町内会/まちづくり協議会等)、NPO団体、市民団体、企業など社会課題の解決と新しい価値の創造に取り組む多様な主体のコンサルティング支援を行う。

スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
北村ファシリテーション事務所