代表ブログ

地域にないものはない、だからあるものを見る

地域には当たり前のものやことが溢れています。
それらに注目することで日常的に気にかけるようになったり、きれいにしようという動きが出てきたり、周囲にも気を配る変化が生まれてきます。

例えば地域を調べて大切にしたい資源があったら、それをみんなで守っていこうという動きが生まれます。
そしてその資源を未来につなげていくために、地域で維持していこうという行動につながります。

当たり前にあるものに気づくことによって、今まで気づきもしなかった身の回りにあるものやことが新たに注目されることになります。
その活動が地域に浸透すると、地域の方の目にも触れやすくなり、人が集まり、よりこの場所を守っていこうと気持ちが芽生え、その知恵をみんなで出しあえるようになります。

この喜びの共有が持続可能な活動になっていくと私は考えます。

この記事を書いた人
北村 正貴

北村ファシリテーション事務所代表。人とチームと地域を元気にする裏方。興味分野はチームビルディング、人材育成、対話、協働、地域づくり。元地域おこし協力隊。個人事務所なのでなんでもやりますがベースはファシリテーター。

\ この記事をシェアする /
北村ファシリテーション事務所