当事務所は社内の課題解決や未来創造に向けたワークショップや研修をオーダーメイド設計いたします(出張・オンライン可)
Fの相談室

継続的な地域づくりに重要な人物像とは

地域づくりの現場では全世代が関係しているため、やみくもにやりたい事をやるだけでは進めづらい厳しい側面があります。そのためビジネスの世界で多用されるPDCAがより一層必要です。地域おこし協力隊を経験してきた私はこのPDCAの重要さを都度確認しながら活動をしてきました。その中でも 「P(計画)」「D(実行)」ができる人の有無で継続性を保たれると感じました。

地域づくりに大切なチーム力

PDCAとはPLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(確認)、ACTION(行動)という4つのステップで構成されています。この4つを順番にこなし、また繰り返し行っていくことで目標や目的に近づくことができます。しかし、ひとりの人材がこれらすべてを実施していくことは難しいため、各ステップで必要なスキルを持った人材が必要です。

  • PLAN(計画) → 0から1を生み出せる人
  • DO(実行) → 1を何倍にもできる創造力を持っている人
  • CHECK(確認) → DOの過程で俯瞰ができ、運営の管理ができる人
  • ACTION(行動) → やり遂げる信念のある人

少人数の組織や団体は担当を”ただ決めるだけ”だけでいいと思う。理由は、地域づくりは義務ではなく、担当に縛られるより全員で補完できる関係性をつくることの方が大切だから。 担当がいなければ他の方がサポートに入れるように整える必要があります。

地域づくりは個人戦ではなく総力戦。チーム力が必要になります。

PDCAの各ステップで必要な力

上記で各ステップで必要な人材像を記しました。これら人材像に当てはまる人がいたら、その方がどのような力(スキル)を持っているかもチームで共有することをお勧めします。分かりやすいものとして私は「社会人基礎力」をよく例に出します。

『社会人基礎力』とは経済産業省が提唱しているもので、社会人ならば基礎的に備えておく必要がある能力のことで「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力の総称です。そして、この「3つの能力」は、さらに「12の能力要素」によって成り立っています。

社会人基礎力(METI/経済産業省)
経済産業省のホームページ。社会人基礎力。

私は地域づくりのPDCAで「3つの能力」「12の能力要素」をこう置き換えています。

  • PLAN(計画) → 課題発見力、計画力、傾聴力
  • DO(実行) → 創造力、柔軟性、発信力
  • CHECK(確認) → 傾聴力、働きかけ力、状況把握力
  • ACTION(行動) → 実行力、規律性、主体性

PLAN(計画)とDO(実行)は「外」に人脈が広く多くあるクリエーションタイプ。CHECK(確認)とACTION(行動)は「内」に人脈が広く多くあるオペレーションタイプ。

取り組みのスタートラインでもあるPLAN(計画)とDO(実行)でしっかり地固めができてこそ、そのあとのCHECK(確認)とACTION(行動)が活きてきます。メンバー間の考えや取り組む姿勢がブレることなくやり続けていける仲間ができて、新しい仲間が増えて新たな広がりが生まれます。

このPDCAが何巡もできてこそ、地域や組織に変容が生まれます。

\ この記事をシェアする /
記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ。沖縄県糸満市在住。2013年に地域おこし協力隊として単身沖縄へ渡り、地域コミュニティの再生や集落の自立的発展を目指し、対話型ワークショップ実施やイベント企画をするなど活動。2016年「沖縄、ふるさと百選集落部門」入賞。2017年4月より個人事業を開始。組織の課題解決や社会の未来創造に向けた人材育成事業を展開。これまで230の組織、1500名をサポート。糸満市商工会会員、初級地域公共政策士(取得中)

多くの依頼は「組織の運営上の課題を話し合いで解決したい」という漠然としたご相談から始まります。

北村ファシリテーション事務所では、企業、自治体、コミュニティ組織(自治会、町内会、まちづくり協議会)、NPO法人など様々な組織のご相談も積極的をお受けしております。

ご相談を通して要望を整理し、最適な要件を抽出。ワークショップや研修プログラムとして具体化・実行・定着を目指したご提案をさせていただきます。

北村ファシリテーション事務所