当事務所は社内の課題解決や未来創造に向けたワークショップや研修をオーダーメイド設計いたします(出張・オンライン可)
お知らせ

糸満市市民活動支援センター「いといとゆんたく会議記録誌」に寄稿文が掲載

糸満市市民活動支援センターで2017年から協働のまちづくりを目指す事業として行われた『いといとゆんたく会議』の記録誌に寄稿させていただきました。

▼糸満市市民活動支援センター
https://www.machiterrace.com/

2017年度から3年に渡って実施されていた「いといとゆんたく会議」。
携わらせていただいたパートは2019年度に実施した住民参加型の地域ワークショップです。

糸満市では2021年度から「糸満市第5次総合計画」がスタートする背景もあり、その策定に向けた住民参加型の思いのキーワード出しを目的としたワークショップデザインとファシリテーターを務めさせていただきました。

事業レポートは下記からご覧いただけます。

\ この記事をシェアする /
記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ。沖縄県糸満市在住。人材育成や組織開発、働き方改革のコンサルティング、講座や研修を行う。一方で地域おこし協力隊の経験を活かし、行政やコミュニティ組織の未来創造/プロセスデザインに向けた対話の場の企画運営に携わる。230組織1500名をサポート。ファシリテーター。初級地域公共政策士(認定番号 第F15-0427号)。

多くの依頼は「組織の運営上の課題を話し合いで解決したい」という漠然としたご相談から始まります。

北村ファシリテーション事務所では、企業、自治体、コミュニティ組織(自治会、町内会、まちづくり協議会)、NPO法人など様々な組織のご相談も積極的をお受けしております。

ご相談を通して要望を整理し、最適な要件を抽出。ワークショップや研修プログラムとして具体化・実行・定着を目指したご提案をさせていただきます。

北村ファシリテーション事務所