当事務所は社内の課題解決や未来創造に向けたワークショップや研修をオーダーメイド設計いたします(出張・オンライン可)
ファシリテーターの手帳

ファシリテーターの思考「準備が8割」は社会人の大切な心構え

今年に入って、いくつか新しいことを始めた。仕事で言えば、このご時世に対応できる策であったり、自分がやりたかったことだったり。プライベートで言えば習慣化させたいことをリスト化して毎日取り組んだりしている。

ファシリテーターは「準備は8割」と思っている。やることの必要性や目的を明確にし、テーマに沿った計画を作成することから始まる。完璧にこの計画通りに進めているわけではないが、何かあった時に立ち返れるうえ、安心できる場所のような役割にできる。これはフリーランスだからこそかもしれない。

昨年から発信に力を入れ出しました。twitterに始まり、リアルの場で思ったことを言葉に出すようにしてる。言葉に出すことで自信に変わるし、北村ってこんなこと考えているんだというある種の宣伝にもなっている。これら発信に「継続」を加えることで発言の真意が濃くなったり、一貫性が出たりして、目に見えないRPGの装備品が増えたような感覚になる。

準備と発信。今、私が一番力を入れていること。おかげ様で今年に入ってから、名刺交換はしたけどちゃんと話をしたことない方から相談を受けることが増えた。相談内容は記さないが、言われるのは北村だからこそできる相談ということ。

それ以外にもファシリテーター仲間や以前仕事をした方から、「こんなことやってみない?」や「今度食事でもどうですか?」などさまざまな連絡をいただくようになりました。

誰かと簡単に会いにくい世の中だけど、会いたくて話したくて連絡してくれている(と思う)。逆に私からもDMを送ったりして、リアルで会えなくてもオンラインで顔を合わせる機会が増えました。

改めて感じるのは発信するだけではなく、準備をしておくことの大切さです。「私こんな考えです。」「今日こんなことしました。」「これからこんなことやろうと思ってます。」という類の発信はいつでもできる。だけど、準備があってこその発信です。

私の場合、本を読んだり、人と話して知識や知見を深めていますが、これをストックしていくことで、どこかでリンクする。まったく関係ないことでも。これが面白い。そして大体の話しにはついていけるレベルになっていると感じる。知りすぎることも良くないが、「ちょっと知っていること」をたくさん持つことで、年齢や職種関係なく、たくさんの人と会話ができる。そしてなにより楽しい時間を過ごすことができる。

仕事だから準備するのではなく、常日頃から準備をすることで、新たなつながりが生まれることを大切にしていきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<今回の行動指針>
 ■A. 創造的で協働的なクライアントとの関係性を創る
  A-1 仕事上のパートナーシップを築く
  A-2 クライアントのニーズに合わせて適用をデザインする
  A-3 複数のセッションのイベントを効果的に管理する

「ファシリテーターの手帳」をはじめた経緯は
リーダーに役立つメディア「ファシリテーターの手帳」を始めます
をご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

\ この記事をシェアする /
記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ。沖縄県糸満市在住。2013年に地域おこし協力隊として単身沖縄へ渡り、地域コミュニティの再生や集落の自立的発展を目指し、対話型ワークショップ実施やイベント企画をするなど活動。2016年「沖縄、ふるさと百選集落部門」入賞。2017年4月より個人事業を開始。組織の課題解決や社会の未来創造に向けた人材育成事業を展開。これまで230の組織、1500名をサポート。糸満市商工会会員、初級地域公共政策士(取得中)

多くの依頼は「組織の運営上の課題を話し合いで解決したい」という漠然としたご相談から始まります。

北村ファシリテーション事務所では、企業、自治体、コミュニティ組織(自治会、町内会、まちづくり協議会)、NPO法人など様々な組織のご相談も積極的をお受けしております。

ご相談を通して要望を整理し、最適な要件を抽出。ワークショップや研修プログラムとして具体化・実行・定着を目指したご提案をさせていただきます。

北村ファシリテーション事務所