当事務所は社内の課題解決や未来創造に向けたワークショップや研修をオーダーメイド設計いたします(出張・オンライン可)
ファシリテーターの手帳

見えないから見るために「見える化」する

ファシリテーターと名乗るようになって約5年。
自分が人の集う場で進行したり、問いを投げかけたり、整理していくことを「ファシリテーション」と教わったのがきっかけ。

自分のやっていることは、実は多くの人がすでにやっていて、それには○○という名前がついていて、名前を知ることができたから深掘りができる。逆を言えば自分のやっていることを突き詰めたいのであれば、それをやっている人から学ぶのが知識を取り入れるきっかけになる。

知識の見える化はアウトプットだと思っています。知識として仕事に取り入れるのであれば「見える化」を進めていく。見えなければ、何かあった時に制御できませんし、チームとして適応することが難しくなる。つまり改善のしようがない状態。

今の現状をいろんな角度から見て、最適な情報を一か所に分かりやすくまとめていて、それをメンバーや各自が判断をして、次の行動に移していく。携わる人すべての考えや行動が創発させるような、その場に確かな、分かりやすい情報源を蓄えていく。

付せんに書いたものをペタペタと貼って見えるようにしてもいい。
表をつくって見える化させておいて、進捗も見える化させていく。

そうすることで視覚的に何が不足していて、何をした方が最善かが明らかになります。

私は見えなければ行動に移せないタチです。
なので、なんでも書いて見えるようにしておく。

見える化させておくことでリズムが自分の中にでき、行動を生み出す第一歩になる。

ファシリテーションは組織のしにくいことをしやすくサポートするスキル。
個人の能力を100%以上に発揮できるように、チームの場づくりをする人です。
ファシリテーターとして客観視して、価値の可能性を感じて共有する。
そこから精査して考え方や方針として見える化し、実践に移して現場でまたつくっていく。

この「価値」「方針」「実践」にもそれぞれ存在意義があって、これらを繋いでいく。

今日、また人と話をして新しい見方を発見することができた。
与えられることで気づくことができる。
気付くことで見える化に繋げることができる。
見える化したことで行動に移すことができる。

自ら気づき、行動することで自分に元気が出て新しい文化を自分の中につくることができる。他人や過去は変えられないから自分が変わって未来を変えたいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<今回の行動指針>
 E. プロフェッショナルな知識を⾝につけ、維持する
  ◼E-1 知識の基盤を維持する
  ◼E-2 広範囲に渡るファシリテーションの手法を知っている
  ◼E-3 プロフェッショナルとしての立ち位置を維持する

「ファシリテーターの手帳」をはじめた経緯は
リーダーに役立つメディア「ファシリテーターの手帳」を始めます
をご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

\ この記事をシェアする /
記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ。沖縄県糸満市在住。2013年に地域おこし協力隊として単身沖縄へ渡り、地域コミュニティの再生や集落の自立的発展を目指し、対話型ワークショップ実施やイベント企画をするなど活動。2016年「沖縄、ふるさと百選集落部門」入賞。2017年4月より個人事業を開始。組織の課題解決や社会の未来創造に向けた人材育成事業を展開。これまで230の組織、1500名をサポート。糸満市商工会会員、初級地域公共政策士(取得中)

多くの依頼は「組織の運営上の課題を話し合いで解決したい」という漠然としたご相談から始まります。

北村ファシリテーション事務所では、企業、自治体、コミュニティ組織(自治会、町内会、まちづくり協議会)、NPO法人など様々な組織のご相談も積極的をお受けしております。

ご相談を通して要望を整理し、最適な要件を抽出。ワークショップや研修プログラムとして具体化・実行・定着を目指したご提案をさせていただきます。

北村ファシリテーション事務所