社内の課題解決や未来創造に向けたワークショップや研修をオーダーメイド設計いたします(出張・オンライン可)

人材育成

お知らせ

沖縄県女性人材育成事業「てぃるる塾」のアドバイザーを務めます

沖縄県・公益財団法人おきなわ女性財団主催【令和3年度 女性人材育成事業「第3期てぃるる塾」】アドバイザーを代表北村が務めます。 コーディネーターの波上こずみ氏(Cosmic Consultin・・・【続きを読む】
お知らせ

沖縄県社会保険協会の広報誌『社会保険おきなわ5月号』にて執筆コラムが掲載

沖縄県社会保険協会の広報誌『社会保険おきなわ5月号』にて、執筆コラムが掲載されました。 ▼変化を創り続けることに会社の意義がある~より良い組織活動につなげる方法~
コラム

ビジネスパーソンが持っておきたい「ジブン軸」のお話

先日、こんなツイートをしました。 人の気持ちを深く理解する。自分がどうありたいかを深く考える。そうすれば相手の立場に寄り添うことができる。 朝起きて歯を磨いて、朝食を取る。身・・・【続きを読む】
コラム

パブリックコメントを出して愚痴を自治に

「愚痴を自治に」私が地域づくりに関心を持ち、地域おこし協力隊として沖縄県糸満市で活動をしていた時代に知り合った大先輩が言っていた口ぐせです。私の活動の根幹にある原点回帰できる言葉です。先日、こんなツ・・・【続きを読む】
コラム

他者を大切にする人は自分を大切にする人

先日、「自分と他者の相互理解」について考えていた時にこんなツイートをしました。 友だち、彼氏彼女、先輩後輩、上司部下。社会でつながってる大切な存在。だけど何より大切にしないといけないのは自分。・・・【続きを読む】
コラム

チームワークを高める「振り返りワークショップ」の特徴

「仕事に活かすために本を読んだり、セミナーに参加しているけど、実践に活かせない」、「一生懸命に仕事に向き合っているが、ミスをしてしまう」、努力をしていても成果になかなかつながらない悩みを抱えてい・・・【続きを読む】
コラム

ファシリテーターの思考「準備が8割」は社会人の大切な心構え

今年に入って、いくつか新しいことを始めた。仕事で言えば、このご時世に対応できる策であったり、自分がやりたかったことだったり。プライベートで言えば習慣化させたいことをリスト化して毎日取り組んだりし・・・【続きを読む】
コラム

チームビルディングが中小企業に必要な理由と手法

最近では「チームワーク」と同じように「チームビルディング」という言葉が世の中に浸透してきていると感じています。 北村ファシリテーション事務所が行ってきたチームリーダー向けのワークショップでも、・・・【続きを読む】
お知らせ

ネットメディア『HUB沖縄』にてインタビューが掲載

ビジネスからエンタメまでカバーするネットメディア『HUB沖縄』にてインタビュー記事が掲載されました。 ▼組織や個人の伴走者「ファシリテーター」ってどんな仕事?
お知らせ

【沖縄県内5社限定】コロナ禍に向き合う「組織のあり方を再構築する対話型研修」承ります

このようなお悩みはありませんか? 組織や企業としてWithコロナに向けた柔軟な働き方に手を打ちたい職場環境における社員のモチベーションケアやフォローアップの体制を整えたい新型コロナウイ・・・【続きを読む】
コラム

ファシリテーションは世界を救う?ステキな社内の作り方

こんにちは。組織づくりファシリテーターの北村正貴です。タイトルにある「ファシリテーションは世界を救う」を本気で思っているファシリテーターの一人です。 この記事ではファシリテーションが持つ素・・・【続きを読む】
お知らせ

沖縄県社会保険協会の広報誌『社会保険おきなわ5月号』にて執筆コラムが掲載

沖縄県社会保険協会の社会保険制度の広報誌『社会保険おきなわ5月号』にて、執筆コラムが掲載されました。 ▼チームを強くする社内ファシリテーションのススメ
コラム

ワークショップがチームにもたらす3つの変化

会議や定例会など人が集う場面はチームの将来性やこれからの活動の成果を上げるための大切な時間です。いたるところで耳にする「ワークショップ」という言葉。いろんなところで開催されていますが何をする場所なの・・・【続きを読む】
コラム

ファシリテーターが視るトークセッションのあり方

私は専門性を磨いている方とお話をするのが好きです。というのも持っているものを自分だけ楽しむのはもったいない、共有したいからです。 昨日、糸満市市民活動支援センターまちテラスさんからの依頼で「留・・・【続きを読む】
コラム

地域は情報発信が下手なのではなく手法が分からない

地域活動を決まったメンバーで決まったスケジュールでやっていても活動はなかなか住民に浸透していかないとよく聞きます。住民に届けたい思いがあるのであれば、情報発信の方法の見直しや改善を考える必要がありま・・・【続きを読む】
コラム

言葉にならない言葉もある。ビジュアル言語を使ったノート・メモの取り方とは?

私は手書きのノートやメモほど未来の自分に活かせる相方はいないと思っています。自分の思いや考えを記したメモ、打ち合わせのメモ、タスクの管理など…1冊のノートにまとめていくことでページが進むにつれて育っ・・・【続きを読む】
コラム

地域肯定感が地域を成長させる

ないものねだりも大切ですが、その地域の基礎でもある歴史的背景や生活の隅々を見つめ直すことも大切です。だからこそ自己肯定感ならぬ地域肯定感が必要だと思っています。 定型文のように「地域に何もない・・・【続きを読む】
コラム

地域には粒の小さい経験の積み重ねがたいせつ

自治を身近なものにしたい 地域において自治は必要不可欠のものです。家から一歩出た近隣コミュニティにおける日常生活で住民が必要と判断するさまざまな取り組みを行っていくものが自治です。 定説・・・【続きを読む】
コラム

情報収集がスタートライン 私のインプットの方法

さまざまな情報が飛び交う現代ですが寝ている時以外は何気なくしているインプット(情報収集)していると思います。情報収集を意識して行うか行わないかで大きな差が出ると信じて、私は常に感覚を研ぎ澄まして暮ら・・・【続きを読む】
コラム

良いチームってなんだろう?

この仕事をしていると必ず考えてしまうことがチームについて。誰かとともに暮らす社会だからこそ良い関係性が良いチームを育みます。 良いチームは、目的共有ができている。しかし何をもって共有できている・・・【続きを読む】