当事務所は社内の課題解決や未来創造に向けたワークショップや研修をオーダーメイド設計いたします(出張・オンライン可)
事業レポート

新採用職員研修スキルアップセミナー【実施レポート】

4月6日に「糸満市新採用職員研修スキルアップセミナー」の講師を務めました。

地方公務員としての意識の確立と市職員として必要な基本的知識や考え方を習得する目的で実施された当研修では、私が会社員として身に付いたスキルや地域おこし協力隊時代に経験してきたこと、そしてファシリテーターとしてまちづくりの現場で必要な視点などをお伝えしました。

プログラム

1.行政職員が市民に求められる協働に必要な4つのチカラ
2.コミュニケーションの深掘り
3.コーディネーションの深掘り
4.住民からの苦情3種類とその対処方法
5.住民と接するための心得
6.PDCAの回し方
7.優先順位の付け方

参加者の声

  • 優先順位をつける大切さを学んだ。
  • PDCAは大事だと思いました。しかし実践することは意外に難しそうなので習慣化することが必要と感じました。頑張って取り入れたいです。
  • 私もこれまで仕事をしてきた中で、優先順位をうまくつけることができず苦労した部分があったのでとても参考になりました。今後の仕事に活かせるように頑張ります。ありがとうございました。
  • 今までは与えられた業務を順番にやってたが優先順位の付け方で改善していこうと思った。
  • 初めて社会人として働くので仕事の進め方や優先すべきものなどが分からなくて不安に思っていました。ですが実践的な解決方法や優先順位をノートに4分割してひと目で分かりやすくする方法など教えてくださったので仕事をする際にやっていきたいと思いました。
  • すごく分かりやすくて見やすい資料でした。仕事をするうえでしっかり優先順位を付けて効率よく仕事をしていきたいです。
  • PDCAははじめて聞いた言葉だったが分かりやすく説明してくれたので理解できた。

まとめ

今回は講座であるため私から一方的にお話しする形になりました。
新採用ということもあり、これから同期として仲良くなっていくんだろうと初々しさを感じました。
メモを取る方も多く「なるほど…」「うんうん…」という声も聞こえてきました。

一方で仕事との向き合い方が見直されている今だからこそ、分からないこと、不安なこと、迷っていることを共有していく場、話せる場が必要と感じました。
なかなか職場内だと相談できないこともありますからね。

仕事との向き合い方、職場での自身のあり方も多種多様です。
市民と行政の中間に位置する中間支援組織としての役割も多種多様です。
サポートオフィスとしての役割やファシリテーターとしての関わりに限らず、今後も行政の職員向けの研修メニューを充実させていきたいと考えています。

\ この記事をシェアする /
記事を書いた人
北村 正貴

1985年群馬県桐生市生まれ。沖縄県糸満市在住。2013年に地域おこし協力隊として単身沖縄へ渡り、地域コミュニティの再生や集落の自立的発展を目指し、対話型ワークショップ実施やイベント企画をするなど活動。2016年「沖縄、ふるさと百選集落部門」入賞。2017年4月より個人事業を開始。組織の課題解決や社会の未来創造に向けた人材育成事業を展開。これまで230の組織、1500名をサポート。糸満市商工会会員、初級地域公共政策士(取得中)

多くの依頼は「組織の運営上の課題を話し合いで解決したい」という漠然としたご相談から始まります。

北村ファシリテーション事務所では、企業、自治体、コミュニティ組織(自治会、町内会、まちづくり協議会)、NPO法人など様々な組織のご相談も積極的をお受けしております。

ご相談を通して要望を整理し、最適な要件を抽出。ワークショップや研修プログラムとして具体化・実行・定着を目指したご提案をさせていただきます。

北村ファシリテーション事務所